幕末の碁聖「本因坊秀策」のふるさと 市技「囲碁」のまち 尾道・因島space.gif

space.gif
space.gif
space.gif
space.gif
space.gifspace.gifspace.gifトップページへspace.gif関係先リンクspace.gifメールはこちらからspace.gif尾道市囲碁トピックス

ご案内ご案内囲碁まつり・大会囲碁まつり・大会タイトル戦情報タイトル戦情報本因坊秀策について本因坊秀策についてその他の囲碁情報その他の囲碁情報

Topページ > まつり・大会 > 本因坊秀策囲碁まつり > 第50回本因坊秀策囲碁まつり

第50回本因坊秀策囲碁まつり

2005年1月22・23日 / 因島市民会館・芸予文化情報センター

賞金百万円は藤井六段 アマ岩井さんが準優勝

 囲碁を市技に制定している因島市の市民会館などで22・23日、プロ棋士8人をはじめアマ高段者らおよそ300人が参加し、第50回本因坊秀策囲碁まつりが開かれた。主催は因島市囲碁のまちづくり推進協議会。
第50回本因坊秀策囲碁まつり

岩井竜一さん 賞金100万円のプロ・アマトーナメント戦では関西棋院の藤井秀哉六段が優勝したが、元中国素人本因坊でアマ7段の岡山市職員岩井竜一さん(37)=写真=が準優勝。アマの決勝進出は、プロアマ戦6回目で初めてである。

 岩井アマ7段は初戦で陳嘉鋭九段(関西棋院)、2戦でM・レドモンド九段(日本棋院)、3戦で佐々木毅五段(同)を破り、決勝に進み、公開対局にのぞんだ。序盤は優位に進めたが逆転を許し、182手で投了、中押しで敗北した。

 対局後、岩井さんは「残念だが結果はできすぎ。全力を出しきった。チャンスがあればまた挑戦したい」と語った。

 またプロアマ戦には、因島高校3年の岡野涼太君(田熊)と弓削商船3年の峯松昌彦君(重井)が出場した。プロ棋士相手に善戦したが、初戦で敗退した。

初段戦で箱崎君が優勝

 全国のアマ愛好家によるクラス別競技大会には約260人が出場。今回も参加した15人の小中高生の活躍が目立った。なかでも初段戦で三庄中2年の箱崎竜馬君=写真=が優勝した。

箱崎竜馬君

【6段以上戦】

  1. 北熨斗睦人(尾道)
  2. 土屋 英明(広島)
  3. 田中 伸拓(近江八幡)

【5段戦】

  1. 後川 博海(江田島)
  2. 大沢 侑也(今治)
  3. 岡信  正(福山)

【4段戦】

  1. 沼井 鋭二(広島)
  2. 樫谷 健二(海田)
  3. 大田 晃司(東広島)

【3段戦】

  1. 坪山 一晃(福山)
  2. 塩浜玄二郎(三原)
  3. 一橋 道明(福山)

【2段戦】

  1. 松延 寿人(三原)
  2. 寿福芳太郎(坂出)
  3. 桐谷 敏雄(尾道)

【初段戦】

  1. 箱崎 竜馬(因島)
  2. 岡野 宮儀(因島)
  3. 大林 和男(瀬戸田)

【級位戦】

  1. 景山 紀男(廿日市)
  2. 河裾 信也(三原)
  3. 村上 裕紀(因島)

観戦記

アマの健闘で盛り上がる

 主催者の推進協議会副会長村上榮昭さん(因島囲碁協会会長)は、「アマ愛好家のがんばりで今大会は盛り上がった」と評価し、秀策杯に出場した2人の高校生につづく少年少女が出てきて欲しいと語った。
 また50回におよぶ秀策囲碁まつりは、地元囲碁関係者のボランティアによって成り立ってきた。今回は、対局ではなく世話役に回った福井盛人因島囲碁協会副会長は、「この大会が全国で認知され、今回、昨年アマチャンピオンら全国のアマ強豪が参加した。お世話するのも苦にならない」と言う。
 レディース囲碁クラブ代表の村井多美子さんは、「レディースの囲碁活動は多くの人の協力で成長してきた。秀策囲碁まつりでのお世話でその恩返しができれば良いと思う」と語る。この囲碁の祭典は、冬と夏の2回。次回は7月の下旬の予定である。

観戦記

囲碁まつり・大会

本因坊秀策囲碁まつり

女流秀策杯

尾道市民囲碁大会

尾道市公民館交流囲碁大会

虎ちゃん囲碁まつり

本因坊秀策囲碁記念館子ども囲碁大会

ひろしま総文2016

女流アマ囲碁都市対抗戦

囲碁サミット2009