幕末の碁聖「本因坊秀策」のふるさと 市技「囲碁」のまち 尾道・因島space.gif

space.gif
space.gif
space.gif
space.gif
space.gifspace.gifspace.gifトップページへspace.gif関係先リンクspace.gifメールはこちらからspace.gif尾道市囲碁トピックス

ご案内ご案内囲碁まつり・大会囲碁まつり・大会タイトル戦情報タイトル戦情報本因坊秀策について本因坊秀策についてその他の囲碁情報その他の囲碁情報

Topページ > まつり・大会 > 囲碁サミット > 囲碁サミット2009宣言文

囲碁サミット2009宣言文

サミット宣言を行う平谷祐宏尾道市長と参加自治体の皆様

 全国で囲碁文化の振興に取り組む10の自治体の首長が、碁聖本因坊秀策生誕の地尾道市に集い、「囲碁文化の創造・発展・継承へ向けて」をテーマに第2回の囲碁サミットを開催しました。

 四千年の歴史をもつ囲碁は、六世紀頃には日本へ伝来していたといわれています。当初、貴族や僧侶などの間で盛んに行われた囲碁は、時代を追うごとに武家社会へと浸透しました。江戸時代には幕府の庇護を受け家元制度も確立され囲碁隆盛の基盤が整い、広く一般へも拡大していきました。

 単なる盤上のゲームにとどまらず奥深い魅力を持つ囲碁は、時代や世代を超えて現代へ脈々と受け継がれています。

 今日を生きる我々には、日本を代表する伝統文化である囲碁を次世代へ継承する責務があります。

 一方、囲碁は創造性や集中力、コミュニケーション能力等を高める教育的効果が高いため教育の面でも注目され、多くの教育機関で囲碁の研究が進められるようになってきました。

本日のサミットでは、これらを踏まえ、今後さらに、囲碁文化の創造・発展・継承へ向けて、ここに参集した自治体が協力して諸施策に取り組み、ひいては日本の囲碁文化の進展に寄与することを確認し、次のとおり宣言します。

  1. 地域の個性を尊重しながら、囲碁文化振興事業を充実していきます。
  2. 地域・学校・行政が連携し、子ども達が囲碁に親しめる環境づくりに努めるとともに、囲碁を活用した生涯学習の推進を図ります。
  3. 囲碁サミットに参加した自治体は継続して連携を図り、地域間の協力関係を充実していきます。
  4. 第3回囲碁サミットを大町市において開催します。

平成21年7月18日
囲碁サミット2009

囲碁サミット2009宣言文の採択に参加した首長

秋田県大仙市
栗林次美市長
栗林次美市長

長野県大町市
牛越徹市長
牛越徹市長

神奈川県平塚
大藏律子市長
大藏律子市長

埼玉県北本市
石津賢治市長
石津賢治市長

山梨県北杜市
白倉政司市長
白倉政司市長

京都府綾部市
四方八洲男市長
四方八洲男市長

島根県大田市
竹腰創一市長
竹腰創一市長

島根県益田市
福原慎太郎市長
福原慎太郎市長

宮崎県日向市
黒木健二市長
黒木健二市長

広島県尾道市
平谷祐宏市長
平谷祐宏市長

以上

囲碁まつり・大会

本因坊秀策囲碁まつり

女流秀策杯

尾道市民囲碁大会

尾道市公民館交流囲碁大会

虎ちゃん囲碁まつり

本因坊秀策囲碁記念館子ども囲碁大会

ひろしま総文2016

女流アマ囲碁都市対抗戦

囲碁サミット2009