幕末の碁聖「本因坊秀策」のふるさと 市技「囲碁」のまち 尾道・因島space.gif

space.gif
space.gif
space.gif
space.gif
space.gifspace.gifspace.gifトップページへspace.gif関係先リンクspace.gifメールはこちらからspace.gif尾道市囲碁トピックス

ご案内ご案内囲碁まつり・大会囲碁まつり・大会タイトル戦情報タイトル戦情報本因坊秀策について本因坊秀策についてその他の囲碁情報その他の囲碁情報

Topページ > 本因坊秀策について > 本因坊秀策について

尾道出身棋士「本因坊秀策」の紹介

河北房種その他名家の真蹟(橋本竹下)02.jpg【肖像画解説を読む】 幕末に活躍し、囲碁における、近代の布石の基礎を築き、今なお碁聖と仰がれる天才棋士「本因坊秀策」は、父・桑原輪三(わぞう)と母・カメの次男として、文政12年(1829年)尾道市因島外浦町に生まれました。幼名を「虎次郎」といい、3・4歳のときには、碁石を与えればすぐに泣き止み、黒白を並べて遊んだといわれています。母に囲碁を学んだ虎次郎は、5歳の時、尾道の豪商・橋本吉兵衛(橋本竹下(ちっか))に、その才能をいち早く見出されました。6歳の時には近郷に敵がなく、その技の巧妙さに人々は驚き、神童と称されました。7歳の時には、吉兵衛を介し、三原城主・浅野甲斐守忠敬と対局し、棋力を認められた秀策は、竹原の宝泉寺住職葆真和尚(ほしん)に師事しました。

 秀策は、9歳の冬に浅野公の薦めにより江戸へ赴き、本因坊家に入り、本因坊丈和の弟子になりました。11歳で初段の免許を得て翌年帰郷、浅野公より五人扶持を賜り、15歳で4段の免許を得て、名を秀策と改めました。17歳の時には12人扶持ちに増禄され、18歳のとき大阪で井上幻庵因碩と対局しました。世にいう「耳赤の妙手」はこのときの一手を指し有名です。20歳で第14世本因坊跡目になり、丈和の娘「花」と結婚しました。21歳で将軍の御前対局である御城碁に初出仕しましたが、このときから12年間御城碁において19連勝で負けることがありませんでした。

 ある日秀策に母の訃報が届きます。その報せは、驚きとともにいいようのない悲しみと無常観を与えたといいます。秀策は、追善供養のために精進生活に入り、一切の肉や魚類を絶つ生活を送リました。その年、江戸ではコレラが大流行し、大所帯の本因坊家でも多くの患者が発生しました。秀策は自らの危険もかえりみず看病にあたり、精進による体力の衰えもあったのか、コレラに感染して逝去してしまいます。享年34歳という若さでした。

 囲碁史上最強ともいわれた秀策。その卓越した棋力に加え、清々しい生き方と温厚な人柄により、いつまでも人々に愛され語り継がれています。

 秀策が受けた教育は、碁の修行を通して、人としての品格も身につける人間形成の学びであり、碁に秀でていただけでなく、書家の竹雪道人について書を学び、師の筆蹟と判別できないほどの上手であったといわれます。書の多くは後世に伝えられていないものの、石谷広策に与えた囲碁十訣や愛用の碁盤に記した「慎始克終 視明無惑」の銘、父母に送った手紙等が残っています。

 秀策の布石は秀策流と称され、今日の対局においても見ることができます。秀策の残した棋譜は450局以上、秀策の棋譜を並べると段が上がるといわれるほどで、プロ棋士の多くもその手筋に学び、一度は並べたことがあるといわれています。秀策はその棋力と人格により碁聖と呼ばれていますが、これまでの多くの棋士の中で、碁聖と崇められるのは第四世本因坊道策と秀策の二人だけで、その偉大さがわかります。

 秀策は平成16年(2004年)徳川家康第1世本因坊算砂第4世本因坊道策とともに、日本棋院の「囲碁の殿堂」入りをしました。


※ 慎始克終

  • 視明無惑始めを慎しみ終りに克つ
  • 視ること明らかに惑い無し

本因坊秀策囲碁記念館

本因坊秀策囲碁記念館公式サイトへ

本因坊秀策生誕の地「尾道市・因島外浦」の囲碁記念館。秀策ゆかりの品の展示、生家を再現公開しています。[ 詳細は公式サイトへLinkIcon]