幕末の碁聖「本因坊秀策」のふるさと 市技「囲碁」のまち 尾道・因島space.gif

space.gif
space.gif
space.gif
space.gif
space.gifspace.gifspace.gifトップページへspace.gif関係先リンクspace.gifメールはこちらからspace.gif尾道市囲碁トピックス

ご案内ご案内囲碁まつり・大会囲碁まつり・大会タイトル戦情報タイトル戦情報本因坊秀策について本因坊秀策についてその他の囲碁情報その他の囲碁情報

Topページ > 囲碁関連情報 > 囲碁の歴史

囲碁の歴史

 囲碁の歴史は長く、日本に伝わったのが約1,500年前と推定されている。発生地の中国では、四千年の歴史と言われている。

1.中国において発生


 碁の起源、発生は解明されてはいないが、易とのつながりがいわれている。遊技として、編み出されたのではなく、易と同じに公的機能を帯びており、その機能として、戦争の契機を見ていたという説である。

 盤上の行為は人民(石)と領土(地)の争奪戦をなぞらい、作戦会議は碁盤を囲んで行われていたにちがいない。しかし、武器、軍略の発展に伴い、碁盤も軍略的機能や用途が薄れていった。こうして、紀元前7世紀ごろから、遊技への道が始まったのである。

 遊技としての固有ルールも付加され、現在の碁は、およそ3000年の歴史を持つ。春秋戦国時代にゲームとして誕生した碁は、周辺諸民族に伝わっていく。朝鮮半島への伝播は三韓時代と推測され、日本より約1世紀から2世紀早く碁を知っていたはずである。

2.日本へ伝わる


 日本に伝わったのは、朝鮮半島を経由して、3世紀卑弥呼の時代以降と言われ、もっとも可能性が高いのが、4世紀後半で帰化人の渡来がおびただしく、彼らが携えてきた儒教の典籍にまじって1対の遊戯具がはじめて、日本の土を踏んだと想像できる。遊技としての碁は、もともと庶民の楽しみではなく、もっぱら支配者階級、知識人の間で流行を見た。

 701年「大宝令」僧尼令には、「凡そ僧尼は、音楽及び博戯をなさば百日苦役す。碁琴は制の限りに在らず」とあり、碁は他の技芸に比べ優遇され、以来日本では僧侶に碁の名手が輩出されることになった。

 10世紀初頭には、宮中の碁が隆盛期を迎え、公開対局には必ず引き出物があり、勝者に贈られた。貴族達の私的な対局でも、必ず何がしかのものを賭け、賭碁のエピソードは多い。

 鎌倉、室町、戦国時代には、上級武士の間に碁は広まってきたが、質的な変化はなく、琴棋書画の雅技は貴族階級から、そのままの形で武士階級に受け継がれていった。また、知識階級たる僧侶は一貫して碁の担い手であった。

 江戸時代以前の碁については、棋譜が皆無に等しく、どのような内容であったか明らかでない。ただ1つ、互先置石制を採っていた事は確からしい。これは、対局星に2個づつ置き合って打ち始める方式で、中国、朝鮮ともにほぼこうした方式であった。

 この互先置石制を廃止したのが、日本の碁で、ここから独自の新しい世界が開け、中国、朝鮮を凌駕するきっかけをつかむことになる。その時期は室町末期頃と推測される。

3.遊技から国技へ


 渡来後、千年を経て初代本因坊算砂(1559~1623)が誕生した。その業績は、空前絶後のものであり、政治的手腕により碁は遊技から国技に高まった。当時の碁の技量は、すでに中国、朝鮮をしのいでいたのであろう。算砂没後、家元制度が確立し、碁院4家の本因坊、井上、安井、林の中で本因坊家は、たえず筆頭の地位にあった。

 囲碁保護政策の根幹は「碁所」で、名人の地位(のちの九段)の者が就位した。碁所は、将軍指南役としての権利を持ち、御城碁は打たず、行事等取り仕切ることができた。御城碁は、年に1回、江戸城の御前試合であり、プロ棋士にとって晴れの舞台であった。

4.江戸時代


 ここで、江戸時代において2度の黄金期を見逃せない、1つは17世紀後半、4世本因坊道策の登場であり、碁の技術、思想的には飛躍的なレベルの向上をみた。

 第2の繁栄期が、秀策らが活躍した幕末の時代で、彼らの手法、構想は今日でもなお学ぶものが多い。この頃には、豪商、富農の間でも碁が楽しまれるようになり、一流棋士は、各種の碁会に招かれた。僧侶は依然として、碁の担い手であった。

5.明治時代


 幕府の瓦解とともに、4家家元は立つ基盤がなく、明治10年頃までは囲碁史の空白期といってよいくらいである。時の第1人者の村瀬秀甫は、明治12年囲碁結社「方円社」を結成。家元中心から近代的な専門家組織が誕生し、後の日本棋院、関西棋院へ受け継がれることになる。

 明治時代のアマチュア層の実体は、江戸時代と大きな変動はなく、相変わらず上流の名士が顔をのぞかせ、大衆化はまだ先であった。方円社と旧勢力の本因坊家は並立時代が続くが、碁界大合同の機運が生まれ、大正13年日本棋院が創出された。

6.選手権争覇と大衆化の時代へ


本因坊秀哉< 本因坊秀哉 > 本因坊秀哉は、その時代の最強者が本因坊であるべきと考えて、新聞社に権利金により「本因坊」の名跡を譲り渡し、それを日本棋院にゆだねた。こうして、プロ碁界は、実力本位の選手権争覇の時代に入ってきたのである。

 碁が大衆化の時代に入ったのは、昭和40年代のことで、琴棋書画的な風韻も影をひそめ、碁のレジャー化、大衆化に拍車がかかった。昭和50年代には、世界アマ選手権戦が開催され、室内ゲームとして、世界で最も優秀かも知れない碁は、今後ますます世界的な隆盛の道を辿るであろう。

(小堀啓爾著 囲碁史概観より)