幕末の碁聖「本因坊秀策」のふるさと 市技「囲碁」のまち 尾道・因島space.gif

space.gif
space.gif
space.gif
space.gif
space.gifspace.gifspace.gifトップページへspace.gif関係先リンクspace.gifメールはこちらからspace.gif尾道市囲碁トピックス

ご案内ご案内囲碁まつり・大会囲碁まつり・大会タイトル戦情報タイトル戦情報本因坊秀策について本因坊秀策についてその他の囲碁情報その他の囲碁情報

囲碁にちなんだ設置物

尾道市因島地域の囲碁に関連する情報を紹介します。

碁盤目入りテーブル(因島中庄町)

dc0915108.JPG

 因島北インターチェンジより東に車で3~5分程の所に、ゲートボール公園(因島中庄町)がある。この公園の中に、碁盤の目を刻んだ大理石のテーブルとベンチが設けられている。テーブル脇の碁石入れには白黒の碁石が用意されており、いつでも碁を楽しむことができる。

 20~40歳の住民30人でつくる奉仕団体「因島青影会LinkIcon」が創立30年を記念し約60万円かけて製作。

 テーブルは縦60cm横150cm高さ60cmで茶色の表面に黒い線で碁盤二面が彫られており、両側には2、3人が座れるベンチが置いてある。

 同公園には、屋内2面、屋外3面のゲートボールコートと滑り台などの遊具を置いた広場があり、碁盤目入りテーブルは広場の一角に設置してある。


dc0915111.JPG

dc0915115.JPG

dc0915117.JPG

碁盤形案内板(因島重井町)

dc0915121.JPG

 囲碁の里・本因坊秀策の立て看板の上にさらに巨大な碁盤を立てて、秀策流布石を配しています。因島フラワーセンターLinkIcon前駐車場に設置されています(せとうちライオンズクラブLinkIcon製作)

新入川橋(因島中庄町)

dc091578.JPG

 因島の北部に、因島中庄町・因島大浜町と因島外浦町を結ぶ橋、新入川橋がある。この橋の欄干をよく見ると、碁盤の足を逆さまにした橋柱が建っている。因島外浦町は、本因坊秀策の生誕の地でもあり、記念碑、記念館のあるところ。その入り口となる橋だけに碁盤の足が出迎えてくれる。車で橋を渡るときは、見落とさないように注意して下さい。

村上文祥氏のレリーフ(因島土生町)

raleef12.jpg

アマ本因坊戦優勝5回、アマ十傑戦優勝6回を誇る因島出身のアマ古豪 。詳しくは本因坊秀策囲碁記念館ホームページ内の村上文祥のページLinkIconをごらんください。